「この銘柄が大好きだ」って、銘柄はペットじやないでしょ!

長いこと株式投資をやっていると、信じられないほど値段が上がっていることがあります。R夫妻の場合、リサのお父さんから相続した時点では、A社の株価は800円に過ぎなかったのに「A社の株式は、お父さんの形見みたいなものだから」と考え、27年間も手つかずでいたところ、何と8,300円にもなっていたのです。

今では、A社の株式はR夫妻の金融財産の95%を占めています。こうなると、A社の株式は単なる有価証券ではありません。まさしく「父の形見」であったり「我が家の家宝」になってきます。そして、こんな投資体験をしてしまったものだから、R夫妻はA社の株式が大好きで仮に生活費が苦しくてもA社の株式だけは絶対に売ろうとしません。

R夫妻曰く「生前の父は、夕食の前に新聞の株式欄を眺めながら、おっ、A社の株価が上がっているなぁと教えてくれたものよ。要するにA社の株式って私か幼いころの家族の思い出の一部なの。A社の株式を売るなんて、そんなことをしたら父がお墓をひっくり返して激怒するはずよ!」と感情が入りすぎて客観視できなくなっています。このような状態になるとかなり危険です。なぜなら、株式市場というのは上がったり下がったりするものだからです。実際、この夫妻にもそのときがやってきました。

2008年9月にリーマンショックが起こったのです。そこから2009年3月までには平均株価が42%も暴落していきましたが、A社の株価も2,755円まで下落し、ご夫妻の金融財産は36%しかなくなってしまったのです。すでに、ご夫妻は定年退職を迎えていたものの「A社の株式があるから、大丈夫!」と高を括っていたため、贅沢三昧の生活を続け、退職金も底をついた状態でした。さらに運の悪いことは続きました。リーマンショックの4ヶ月後、夫が大怪我をして長期間入院をすることになったのです。そこで2,755円付近まで暴落した最中に、とうとうA社の株式を売ることになりました。

夫の病室へ着替えを届けにきた妻は、溜息をつきながら呟きました。「少しだけでも株を売って現金に換えておけば、こんなに安値で叩き売りをしなくても、良かったのにねえ…」長年持ち続けた株式だからって、投資はペットを飼うのとは違うのです。株券にブラシをかけて大切に育てたつもりでも、いきなり枯れちゃうときだってあるのです。

旬の投資を収穫するには、いろいろな資産を揃えるしかない

R夫妻のように、特定の株式だけに”愛着”を持っている人は、結構いらっしゃるものです。たとえば、エンジニアをしていると「ハイテク株」にしか興味がなかったり、一昔前の「鉄は国家なり」という言葉が好きで「鉄鋼株」ばかりを買っているというケースです。しかも、30~40年も前から投資をはじめていた場合には「以前、猛烈に儲かった」という実体験があるために、ますます愛着が沸いてくるという次第です。そして、こういう方々というのは、資産運用とはハイテク株や鉄鋼株を買うことであると勘違いをしがちなのです。

ところが、こうした偏った資産を持っているとR夫妻が経験したように「いざ換金しようとしたら値下がりしてしまって、売るに売れない」という事態を招きます。そして、R夫妻が経験したような、お金が必要なときに投資から換金して確保するという意味以外にも全体のリスクを小さくするという意味で、いろいろな「資産」を持っておくことが大切です。資産の種類には「現金」「株式」「債券」「海外」「不動産」「天然資源」「貴金属」などがありますが、おのおのに旬の時期があって収穫の時期が異なります。

たとえば、リーマンショック後の半年間では「株式」が42%暴落する一方で、ゴールドなどの「貴金属」の値段が14%上がったように、どれかが下がっている一方で、どれかが上がっているものなのです。そこで、いろいろな「資産」を持っていれば「値下がりした資産」を「値上がりした資産」で中和する形で全体的な変動を小さくできますし、換金する際には「値上がりした資産」を売却すれば問題がありません。このようにいろいろな「資産」を持つことを分散投資と呼びます。

R夫妻やハイテク株の愛好家に欠けていたのは資産の偏りを矯正する分散投資だったわけです。「株式」というたった1つの資産しかもっていなかったために「株式」の旬の時期が過ぎたとき値下がりに直撃され、売るに売れない状況に陥ったというわけです。

3万円の「積立投資」はやがて分散投資へ脱皮する

退職金のように、まとまった資金を「一括投資」する際には、いろいろな資産を揃えて分散投資することになります。本文のように、1つの資産に偏っていては投資を換金する際に暴落に見舞われれば、数十年間の投資期間が水泡に帰すかもしれません。

それだけでなくアメリカの投資革命によれば「いくつかの資産を一緒に持つと、別々に持っているよりも、全体のリスクが小さくなる」ということが分かっています。たとえば、次のような「株式」と「債券」を半分ずつ持っていた場合、単純に計算すれば、全体の「投資リスク」を示すシグマ(=標準偏差)は、50%×20%+50%×3%=11.5%となるはずですが、実際には全体の「投資リスク」は11.5%以下になるということなのです。

このことはアメリカで同時多発テロが起きた2001年9月から翌年にかけて、株式市場は大暴落しましたが、同じ期間に債券の値段が5%近くも上昇していたように異なる資産が異なる値動きをしてお互いを相殺し合うために性質の異なる資産を一緒に持つと全体の変動が小さくなったことからも分かります。つまり「一括投資」では、たくさんの種類の資産を利用した”分散投資”を行えば全体の「投資リスク」を小さくすることができるのです。

そして、資産の種類とは国内と海外の株式と債券の4つの他に、不動産、天然資源、貴金属、派生商品、預金と全部で9種類になりますが、不動産、天然資源、貴金属に関しては、それらを保有している会社の「株式」や、それらに連動する「債券」を集めた投資信託を利用することで投資信託だけで”分散投資‘を完成させることができるのです(派生商品は投資信託の仕組みとして、すでに利用されています)。

なお、これまで説明してきた「積立投資」の場合にも、ある時期を過ぎれば分散投資が必要になってきます。たとえば毎月3万円で同じ株式投資信託を買い続けていくと、はじめのころは「値段が安いときには、たくさんの数量を買って、値段が高いときには、少ない量しか買わない」という形で「ドルコスト平均法」の効果が斯待できます。

しかし、たとえば10年後に投資金額が360万円になった時点で3万円分だけを安く買ったところで、全体の「買い単価」はほとんど下がらなくなっています。しかも、そこまで買い続けてきたのは同じ株式投資信託なので投資金額の360万円が「株式」というたった1つの資産に偏った状態になっています。そこで「積立投資」がある程度の”塊”になった段階で「株式」に偏った状態から、いろいろな資産へ分散投資してやることが大切になります。

過去5年間の「リターン」と「シグマ」を持つ「株式投資信託」と「債権投資信託」を半分ずつ保有する場合、「全体のリターン」と「全体のシグマ」は、それぞれ「リターン」と「シグマ」に「割合」を反映させた加重平均になるはずです。しかし「全体のシグマ」に関しては加重平均以下になるということが、アメリカと牛革命によって発見されたのです。

— posted by 宇多元 at 04:28 pm